栄の真ん中でずっと変わらない『夜来香』

昭和40年頃の夜来香 現在の夜来香


創業者 小縣 新一郎

明治41年長野県生まれ

明治大学を卒業し、皇族関係者の運転手を務め
戦争中は近衛兵として中国にいた。
日本に帰国し靴磨き店、バー、うなぎ店などを開業し
バーだったのを中国料理店に変えた。
中国にいる際、夜来香を歌った李香蘭と知り合ったことから屋号を『夜来香』と称した。
中国料理店で夜来香という店名は日本でここだけだった。
名古屋には当時、水餃子店は存在したが焼餃子店はなかった為、社員と共に研究のため大阪や東京へ行き餃子を食べ歩き名古屋初の焼餃子が夜来香にて生まれた。
夜来香のこぼれ話 其の一『チャーラーの発祥地』
ランチメニューに『チャーハンとラーメンセット』があった
しかしお店の従業員が言うのが面倒になり、チャーラーと言い出したのがきっかけで今では全国的にチャーラーと呼ばれるようになっている


其の二『夜来香の餃子の象徴』
夜来香の餃子には真ん中に酢の春雨が盛り付けられている。
当時は白葱の細切りが盛り付けられていたが、切る量が多すぎで大変な為ある時、新一郎が酢の春雨にしてみたところお客様に大好評となった。今では夜来香の焼餃子の象徴となっており、おかわりする人もいる。中華料理は味付けが濃いためお口直しにもなっている


其の三『夜来香にぎり』
当時は餃子が一日に千二百人前(一万二千個)を毎日専門の社員が手で握っていたのを大変と思った新一郎が夜来香独自の握り方(蝶々握り)を考え、今もなお毎日この握り方で握っている。